買い物は買う物に対する投票という意識から見えてくる信用について

これまでの記事でお金は信用ということを書いてきました。

詳細はこれらの記事を読んでみてくださいねっ♪

人は同じ考えに6回触れると、それが自分の考えになると言われています。
なので是非何回も何回も繰り返し読んでくれると嬉しいゴヨ🐞🌈✨

世の中をめぐる信用

身の回りのあるもので例えると野菜とか食べ物、無農薬とか国産とかオーガニックとかありますよね。
これだって信用があるから高価格になります。

では玄米ってみましょう

玄米を食べている方はご存知かもしれませんが白米より高いです。

でもよくよく考えてみると玄米って精米してないんだから白米より安くていいんじゃないとかって思ったりしませんか?
ではなんで白米より高いのかというと、、、

まずは需要が少ないから食べている人が少ない。その分高くなる。
そして選別コストがかかるみたいです。

玄米の状態でもみ殻・やけ米・小石をしっかり取り除いて選別することでコストがかかるそうです。
だから玄米っていうのは相対的に高くなるけど、健康に良いと言う信用があるからみんな高くなっても玄米を買うわけです。

建物いうと木造よりも鉄骨の方が高いですが、鉄骨の方が強度があり災害に強いのが特徴です。
火災保険も安くなりますが、災害に強いという信用を買っています。

ここ最近と言うのは、もっともっと個人レベルで信用がお金になるなと感じていて、1番わかりやすいのがクラウドファンディング。
ファンディングっていうのは信用がなければお金にならない。
まさにわかりやすく、信用がお金になるシステムです。

後はアプリとかでも食べ物を食べに行ったり、レストラン遊びに行ったりとか食べ物じゃなくても物を購入する前にレビューと言うシステムがあります。

星5つの中で4つの星というレビューがあります。あれも信用です。

信用であふれてると考えると愛にあふれてるな~と感じることができるゴヨ🐞🌈✨

信用がなくなるとお金が入らなくなる

私たちの周りは信用が当たり前に溢れています。
世の中というのは信用で出来ているんだなと言うのは何かわかってくるかと思います。

世の中と言うのは信用の評価システムなんです。
例えば賞味期限だったり産地だったりとか賞味期限とか産地を偽造したらどうなるでしょう?

信用がなくなります。

では信用がなくなったらどうなりますか??

お金にならなくなります。

と言うように周りのものからしても、世の中が本当に信用と言うもので溢れています。

最近信用で購入したものまとめ

実際に私の例で挙げていきます✨

化粧品

かれこれ14年以上愛用しているメーカーなのですが、昔は肌荒れがひどかったのがそのメーカーの化粧品を使ってから肌質がびっくりするほど改善しました。
より私を美しく見せてくれて、今も尚周りからお肌を褒めてもらえているので満足✨
化粧品だけでなくその会社がエステも行っているので何度かエステもお願いしています。メーカーさん主催のお肌の勉強会もあってエステティシャンの資格も取りました。

→買う物一つを少し意識するだけで、満足もやりたいことも出てきたゴヨ🐞🌈✨

551の肉まん

子供の頃から食べている味でコンビニよりスーパーよりダントツ美味しい。

あの気持をもう一度味わいたいと思って購入。

表示を疑えばキリがないけど、そのメーカーを信用して買っています✨

無意識にやっていることでした!(◎_◎;)

ユニクロのパジャマ

ここに行けば私が気持ちよく出せる金額のものが置いてある気軽に試着できる今の私に見合ってると思って購入。

ユニクロのことは確かに信用してるけど、自分に対して評価が低いのでは?と思った。
自分はこれくらいでいい。自分が自分に対して信用してないってことかもしれない。

何かを買う時動機は「欲しい」または「必要」で選択肢がある場合、「価値(感)」や「信用」が選択の理由になっている気がしました。 

「信用がお金になる」という視点で自分のお金の使い方を振り返ってみると例えば野菜なら地元の八百屋の野菜(会社帰りの通り道)よりも生協の野菜(ちょっとお高い)に信用があります。

生協の野菜に価値を感じて信用があるのに1番利用するの地元の八百屋(会社帰りの通り道)だったりする。

私にとって利便性は結構大切なんだな、と。 生協は注文してから届くのに1週間というタイムラグが発生しちゃう。。

地元野菜の方が、遠回りしない上見て選べるのが便利。 
と言うことは普段の食料の買い出しについては野菜そのものの信用よりも、「あそこに行けばすぐに買えて便利である」ということを信用していることになるかもしれません。 

会社勤めをしている以上、ある程度仕方ないとはいえ、優先順位がなんか違う気がしてきました。
何も考えずにやってたけど、改めて考えると全然嬉しくないなと思いました。 

こう考えてみると信用って案外無意識かもしれません。 

無意識に感じて無意識にそれに価値を感じて選択しているところもあるかもしれません。

欲しい価値を少し期待以上に提供してもらえると信用に変わる、みたいなこともあるかもしれません。

そしてもう一つ気付いたのは「信用」で何かを買う、もあるけど「買う」と決めたものを、どこで買うか?誰から買うか?の方を重視することが多いんじゃないかなぁと思います。

アフィリエイトとかいい例だよね。

同じ商品を売っていたとしても誰のサイトから買いたいのか?

一時Twitterではやっていた0→1が達成できるという本もめっちゃ売れている人もいれば1冊も売れなかった人もいる。

それは信用を貯めているかどうかが売れたかどうかの分かれ目だったんじゃないかなーと振り返って思ったゴヨ🐛💦

信用以外で購入することももちろんある

例えば「新しいお財布が欲しい」時どんな形にするか?何色にするか?

どんな素材にするか?どこのブランドにするか?は、信用の他にトキメキもきっとかなり重要でどこで買うのか?

前述で書いた野菜は利便性で買い物をしている私は、まさに顔がいい人に投票しているようなものだな、と思いました。
商品ひとつひとつを、この人(モノ)がいい!と思って選ぶことをしていない。(どちらかと言うと、これでいっか!が多いw)

良いサービスと気持ちの良い買い物に信用や価値を感じている人は、多分実店舗で買うかもしれないけど

それはいいから少しでも安く買えたり出向かなくて良いことに重きをおくなら、ネットやフリマアプリで買うこともあります。 

その場合でも見せ方、売り方、売る場所。
信用はお金。

選ばれることが、信用をお金に変えると思います。 

私は、どんな人に信用されて選ばれたいんだろうな。
考えていたはずだけどより深く考えるきっかけになったかも。

信用の投票

買い物は選挙

例えば最近義両親が営むお店の近くのタピオカのお店でタピオカを購入しました。

ただ価格で言うとスーパーよりお高めだし、家の近所にも同じお店はありました。

スーパーより高かった上に家から遠かったのです。
じゃあ私は一体何に投票したかと言うと、義両親の営むお店の近くのお店に信用があって義両親の近所に投票したということです。

その考えの大元となるのは、できるだけお店で手作りのものを買いたい、義両親のご近所さんのものを買いたいとか義両親の近所のお店を応援したいと言う思いがあるので、そのタピオカを買いました。

他にもTwitterで紹介された本を購入しましたが、本は一体どんな信用で選んだのかと言うと、私は頑張っている知り合いの紹介で本を買いました。
つまりその人の信用があったから、その本を買ったということです。

そしてその人の考え方に投票したということです。

このようにタピオカでも本でも何でも何でもいいのですが、売れれば作り手にお金が周ります。
作り手にお金が回ると良いものが広がります。

私たちのお金を払うと言うのは1円でも私たちのお金を払うと言うのは実は世の中を作っていることになります。

提供者さんに回れば、その人がより良い情報を発信し続けてくれるかもしれません。

今ここまでの考えを聞いてみて私たちが1円でも投票すれば作り手や提供者にお金が周りそして良いものが広がる。

某ファーストフードはいろんなところにたくさんあります。

たくさんあるのは某ファーストフード店に投票している方がたくさん位いるからです✨

つまり払うと言うのは、ただお財布からお金が出ていくのではなくて、その先にいつも誰かがいると言うことです。
その先に誰かがいると言うお金を払うのと、何も考えずにただただお金を払っていくので、全然見えていく世界は違います。

意識するとすごく豊かになり、一人一人が循環の起点であることを意識するだけで、世界って違って見えてきます。

とっても慎重に、感謝を込めてお買い物しよう

最近買ったものの先に誰がいたのか?

ここで幾つか例を挙げていきます。

野菜

  • 野菜を育ててくれた農家の人
  • 袋に詰めてくれた人
  • 運んでくれた方
  • 八百屋さん
  • 八百屋で働いているアルバイトの方

ハンバーガー

  • 店舗の従業員
  • お肉や野菜、小麦の生産者さん

ノート

  • 販売店の従業員
  • 印刷会社の従業員
  • 量産する工場の方
  • 木を育てている方

沢山のひとにありがとうが言えるなぁ♡

自分が欲しいもの良いと思うもの、という視点だけで投票という認識はなかったかもしれません。 

それでも意識していなくてもお金は巡るから無意識に誰かを応援していることになるわけで。 

無意識ってことはお財布を出た後のお金に対して、無関心ってことでそんな扱いをしておいていくらお会計の時に
「友達連れて帰ってきてね♡」って思いながらお支払いしてもそりゃ帰ってこないよねwって思いました。

お金を大事に使ってない。感謝とか愛がない。お金はモノとの交換券。

そんな風にして買ったモノには感謝の気持ちも持たないだろうし、生産者などのバックグラウンドへの想像なんて、もちろんしませんでした。

ちょっと語弊があるかとしれないけどまるでお金もモノも使い捨ての奴隷みたいな扱いみたいでなんか寂しいなーって思ったけど私これホントやってたゴヨ🐛💦

お金も愛も循環だと言うけれどその循環をぶった切っていたのは私だったよ。

お金は感謝や愛を込めて使う。その先を想像して、投票する。 

利便性や安さと言う目の前のことだけに囚われずに、投票するモノの「自分にとっての価値」をみると、感謝が生まれます。

牛乳でいえば私たちの代わりに牛を飼って安全な餌をやって牛舎を毎日掃除して、乳を絞るをしてくれる人がいますから。

うん、牛乳が飲みたいがためにそんなことできないゴヨ🐛💦

だからこそ、それをお金と交換することができます。
モノはただのモノではないということを意識したら、今までとは違うモノの見方やお金の使い方ができると思いませんか?

そして、投票には色々あり、対象商品に、対する投票もあれば、紹介してくれた人への投票のときもあり、はたまたその対象商品を持ってきてくれた人への投票もあります。

そうすると、確かに世の中は循環していて、世の中は愛でできてると思えてきます。

お支払いしたその先に人がいることが想像できれば、感謝の気持ちしか出てこないし、負の感情を乗せたらその方達にもお金さんにも悪いと思えました。

負の感情乗せない、と言うよりも、感謝の気持ちを乗せるって感じのほうがわかりやすいでしょうか。

あと、今キッチンにある食材や身の回りにある物たちにも、「家まで来てくれて本当にありがとうね」と感謝の気持ちが湧いてきました。

まだまだ私もこんな段階ですが、もっとお金の本質を理解していきます!

最近買ったものの先には誰がいましたか?
明確に誰かわからなかったとしても、この想像する時間ていうのが私は豊かだと思っています

この記事が気に入ったらフォローしよう

この記事を書いた人&LINE友だち募集中♫

【生まれ】1985年 

【本業】H27年生まれとH30年早生まれ女子2人の母でパート主婦 

【副業】イラストレーター、ブログ・アフィリエイト、投資家
■子供を出産して35年ローンで家を購入。
■実家を離れ出産を機に仕事は時短にし収入が減る中、なんとなく働いて生活することに疑問を持つ。
■フリーランスイラストレーターとして頑張るも第二子妊娠時に当時所属していたコミュニティでマタハラを受ける。
■無理なく幸せになる生き方を模索する中、オリラジのあっちゃんの動画に出会う
→マネーリテラシーが上がる→2021年よりつみたてNISA・日本株・米国ETFを開始する
■同時期に幸せなお金持ちのあり方について研究するようになり色んな本や動画を読み漁る。
■思考は現実化するということがヒシヒシと感じ、子供の頃に憧れていた魔法は誰でも使える事を知る。


【G*きぴん(ごきぴん)公式LINE友だち募集中】
今なら、登録後にブログやSNSの感想、イラストのリクエストや要望などを
メッセージくれた人全員に

「幸せなお金持ちになる30の習慣イラストエッセイ」をプレゼント中!

ごきげんにブリリアント✨な生活をクリエイティブする💕
幸せの魔法を使う方法や最新情報をお届け♫

笑いながら楽しくキラキラ輝いた人生を送るためのマインドと方法もお伝えしてるゴヨ!

無料なので、ぜひ登録してみてね\(^o^)/
今後もいろいろなお得情報も流すゴヨ~♪

https://line.me/R/ti/p/%40810fifmb

お金と自分と向き合い、受け取る!!
と決めた方は是非友だち追加の上、メッセージくださいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です